カラダの内側をキレイに保つ事が一番なんじゃないかなと感じている

皮膚というのは外側から刺激を受けてしまうので、スキンケア商品で表側からお肌を潤す事も大事ですが、カラダの内側をキレイに保つ事が一番なんじゃないかなと考えています。

自分自身は便通が悪くなると2、3日後にお肌が荒れてしまうのです。
年齢を重ねると治るのに時間がかかるためそうなるのは嫌なので肌荒れしないように気遣っています。

便秘をしないようプレーンヨーグルトにプルーンやきな粉などを入れて食べます。
食事面では食物繊維を多く摂るよう努めています。
ヒジキや納豆やゴボウなどです。

もし外での食事が続いてしまって野菜とか食物繊維を摂取出来ない時は野菜ジュースとヨーグルトジュースをハーフで割ったものを飲んでいます。
そうすることで便秘は解消されます。
腸内が元気だとからだ全体が元気になるので、自然に美肌になるのではないでしょうか。

学生時代は体や肌のメンテなんてしませんでしたが、年齢が上がるとそんな風にはできません。
毎日からだの為に良い物を摂取すれば自然とお肌につやが出ると思ったのです。

年末からの寒さが厳しくなった頃から、どうもドライスキンになってしまったようです。
最近までそのようなこと少しも考えたことがなくて、他人から見れば女子力を放棄していたわたくしもなんとかしなきゃと思う出来事がありました。

肌が乾燥したことによって、体じゅうに発疹が出てきてしまいました。
体のあちこちが絶えずかゆくて、夜も眠れないことがあったのです。
それでやっぱり必要なことは『保湿』ということになってきます。

それ以降、片っ端から友人に乾燥対策に関してどのようなことをしているのか尋ねて、風呂から出たら毎回保湿するためにスイートアーモンド油を塗布して、化粧水も今までは焼酎にドクダミの葉っぱを漬けて自作していたものでしたが、群言堂のMeDuというブランドの梅の花の酵母からつくっているという化粧水などに変えました。

しばらくそれを実践していると、日ごとに肌の潤いが感じられるようになってきました。
私の家のある地方はよく雨が降るので、それほど乾燥する地域ではないと甘く見ていたのですが、そんなことは関係なく、寒い季節になったらいつでも乾燥に注意して日々過ごすことが大切だと感じました。

「美容」ってことで、日ごろから高級な化粧品でケアしたりエステティックサロンに行ったりと「時間」とか「費用」を投じている女性って沢山いらっしゃいます。

ワタシも年齢とともに「美容」に関してあれこれ考えてはいるのですが、いかんせん横着ものなのでアレコレやるのは無理な気がするし、子育て中なので時間的余裕もない、それにもちろん美容にお金をつぎ込む暮らしもしていません。

というわけであたしが美容のために特に気を付けているのが睡眠です。
睡眠というのは、我々にとって本当に大事なものです。

世の中には、「夜型」で明け方近くまで就寝しないで遅く起床するひともいます。
でも「美容」を考えるならこれは大敵なんです。

美容的に大切な眠りの時間は美肌のゴールデンタイム内に寝ること。
「ゴールデンタイム」とは夜10時~深夜の2時までの時間帯で、ここを逃さないようにすると健康面に効くだけでなく肌荒れとかも改善されるって話ですよ。

という事で、完全なる朝方の私は、美容のために睡眠ゴールデンタイムには出来るだけ眠るように心掛けています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

コンディションが良くない年齢肌はかくし切れない

ワタシは40歳間近の既婚女性ですが、美肌のために熟睡できる時間をちゃんと維持するように頑張っています。

しっかり眠れなかった翌日のワタシはいつも肌状態が良いとは言えず、目元が黒っぽくなって顔色が悪くなります。

そんな状態を隠そうと必死に化粧をしても、コンディションが良くない年齢肌はかくし切れません。

わたし的には七時間~七時間三十分が快眠の時間となるので、起きる時間に合わせて就寝時間を調節したり、スマホやテレビを見ずに、微かに聞こえるくらいに落ち着くリラクゼーション音楽をきいたり、カラダを冷やさずにベッドにはいれるように横になるまえに牛乳やカモミールティーや生姜ドリンクのホットを口にしたりといったような事を毎日しています。

良質な睡眠を取れた翌朝は、アラームクロック無しでも自然と時間に起きられますし、肌状態も良く、メイクも映えるものです。

毎夜確実に熟睡出来るように、起きてる間は軽めのストレッチ運動をしたり、絶えず動き回ることも、美容的にいいので実践しています。

 

平熱を36.5℃~37℃に保つのが健康面に良い影響をもたらすことはもう有名な話ですが、実際には「健康」と「美容」は切っても切り離せない結びつきがあるので、「美容」の為にもかなり大事なことです。

私は健康のために平熱を引き上げようと頑張っていたら、その結果頭髪や素肌の調子がバッチリになったので、現在も続けて体温を下げないようにしています。

やり方は何も難しい事はありません。

一つ目は、「食」に関してですが、ニンニクやカボチャや大根など体温UPを期待できる食べ物を大量に摂取し、ドリンク系も温かいものを頻繁に口にします。

あと、のんびりとバスタイムを過ごしたりライトな運動をしたりして、程よくあせを流すことも大事です。

身につけるものは、一年を通してことにウエスト周りを冷やさないように保温素材のボディウォーマーを着けています。

オフィスワーカーだと空調が効きすぎていたりして自然と身体が冷たくなってしまうので、365日油断できません。

体温UP効果で血流が良好になり、クリアな肌になってきます。

腸内環境も良好になるので、吹き出物も改善します。

肩こりや偏頭痛が減るので勝手に表情や姿勢もよくなり、健康にも美容にもメリットしかないって感じです。

すごーくオススメです!

 

体重を減らすという事だけではなく肌の事を考えてあまいものは控えるように気をつけています。

若い頃、10kgほどの減量に成功しました。

単に太りすぎていただけなのできつい事はしていなくて90日で無理しなくてもできたのですが一番最初にしたことはスイーツなど甘い物を我慢することです。

一番高カロリーなものは甘いものという事を知っていたので、甘いスイーツはデブの薬だと考えました。

その時の経験でダイエットに成功したという事だけじゃなくお肌にハリが出た事が嬉しかったことでした。

糖分摂り過ぎはそれを体の中でエネルギーにする時にカルシウムとビタミンを使います。

必要以上の糖分を摂取しなければカルシウムとビタミンは使われずに済むので美肌のためにサプリを服用するくらいだったら、しょっぱなから糖分は食べないようにした方が余計なお金もかからないし合理的だと思います。

頭で理解していても甘いものはわたしにとっては癒しなので少しだけ頂きながらコーヒーを楽しんでいます。

要するにバランスが大切ですから、食べ過ぎないようにする事、頭の片隅に食べ過ぎるとお肌にも影響がでるといつも思っている事が大事ですよね。

投稿日:
カテゴリー: 美容

保湿ケアをするとテカテカしてしまうのが苦手で…

私の場合、脂性肌なので、今まで他の人のように、「保湿」の必要性は感じていませんでした。

用法用量を守って保湿ケアをするとテカテカしてしまうので、それが苦手で保湿ケアを避けていました。

ただ、オイリー肌であっても、潤いケアは少しでも施しておいた方がいいかもと思い直し、ちょっぴり保湿してみることにしました。

バスタイムのあとも皮膚は顔だけじゃなく体にもあるんだと思って、全身的にちょっぴり保湿ケアをしてみました。

更には、乾燥しにくいシーズンも今まで「乾燥しにくいシーズンはモイスチュアケアしない」のが当たり前だったのですが、夏場も少しばかり保湿をしてみるようにしました。

やってみたら、今までより素肌のコンディションが良好になってきました。

性格的に面倒臭がりなので、たまに保湿をし忘れる事もありますが、出来る限り潤いケアを行なっていくように心がけるようにしました。

顔も全身のお肌ももっちりと、すべりが良い感じになってきました。

今後も、ドライ肌でなくても、少し保湿をやり続けていきたいです。

 

みなさんは欠かさずお野菜を食しているでしょうか?

朝ご飯はシリアル、お昼はラーメン、夕ご飯はみんなで焼き肉・・・、気付けばほとんどお野菜を口にしてないとか思った経験はないでしょうか?

あたしはとても冷え性で、夏場でも会社の冷房がきつく、肩掛けやひざ掛けが必要なくらいでした。

それから病気にもなりやすかったです。

偶然よく訪れている洋食屋さんでそんな話を店主さんとしていたら、野菜不足が問題かもよとという流れで、メニューには載っていない野菜スープを食べさせてくれました。

ブイヨン仕立ての汁物の具材として、白菜、ニンジン、じゃがいも、大根がいっぱいあって、本当に身体が温まりました。

しかも次の日のお腹の調子がバッチリでした。

よくよく考えるとお野菜なんかをさほど食べておらず、便秘が続いていたんです。

ゴハン屋さんであの話題にならなかったら、体調不良は治らなかったでしょう。

仕事が忙しいと食事内容も簡単に済ましてしまいがちですよね。

もしくは口にしなかったりなんてことも。

身体のためにも、毎日葉野菜や根菜たっぷりの食事を心掛けてみてはいかがですか?

 

美容についてはご飯がとても大事だと思うので、私自身は食生活に気を配っています。

とはいってもそんなに面倒くさい事ではなくて、食事のバランスを整えるという事。

特にお野菜が足りなかったりするので、野菜をつとめて多くとるようにしています。

たとえばレタスの場合はサラダにするとたくさんの量は食べられませんが、火を通すとひと玉程度は食べることが出来ます。

その為、鍋とかスープに加えたり、炒めるなどして極力嵩張らないようにしていっぱい食べられるように工夫しています。

野菜をたくさん食べるとお通じにも良いし、便秘が改善されると肌のコンディションも良くなりうれしい事が沢山です。

それから、良いタンパク質をたくさんとるようにしています。

体重が増えないように注意しているので、とりの胸肉等の脂身の少ないお肉を中心にしています。

たんぱく質不足になると髪の毛がぱさぱさしたりお肌の調子が悪くなるということを前にテレビで見たので、たんぱく質が不足しないようにしています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

どれだけ仕事で疲れていてもメイクを絶対に流してから寝ています

毎日女性はお化粧をしてしています。
メイクは女の人を綺麗に見せると同時に、モチベーションを上げてくれる素晴らしいものです。
わたくしはメイクが非常に好きです。

特に気を使っている事は、ちゃんとしっかりとメイクオフすることです。
どれほど疲労感があってもメイクを絶対に流してから寝ています。

また、ほぼ毎日入浴後にはフェイスパックをしています。
毎日するパックはそんなに高いものではありませんが、月に二度ほど高級なパックを使っています。

あと3日おき位のペースでお風呂でするフェイスパックをして、毛穴につまった油汚れなどをとっています。
毎日寝るときは、ナノケアをつけていて寝ながら美容を行い、お肌も髪の毛もツルツルにしています。

あと日常生活で気を付けていることは、毎朝ご飯を食べる時にヨーグルトとアサイーとフルーツを加えてビタミンをとるようにしています。
それから、昼ごはんはガッツリと食べたい物を頂きますが、夕飯に関しては炭水化物を抜きタンパク質だけにしているのです。

私が美容について努力している事といえば、「自動車を運転する時には必ず手袋を付ける」ということです。
簡単にできて絶対に忘れません。
自分自身でもみる事ができ他人からも良く見えるウデを、全力で日やけから手肌を守るのです。

車を運転している時間がほんの少しだったとしても、すぐそこまでだから手袋なしでも大丈夫なんて思いません。
移動に時間がかかるときもすぐそこまでの移動でも、クルマを運転する時はアームカバーを忘れません。
私の使っている物は色は黒で一番長い物です。

暑い時期はタンクトップなどを着ていることが多いので、アームカバーは欠かすことができません。
これがあれば安心できます。
肩まである長さなので、このスーパーロングの手袋は必需品になっています。

それからちゃんとUVカット素材を使っているので、紫外線をカットしてくれます。
クルマに乗ったときの美容対策としてとても重宝する物だなと思っています。

美容のために食べ物に気を付けています。
お菓子を食べ過ぎたりなるべくお菓子を食べることを控えるようにしています。

どうしても甘いものが食べたくなったら、果物やドライフルーツを食べてしのぎます。
プチ贅沢として時々(一週間に1日)甘いものをちょっとだけ食べたりします。
完全にお菓子を断ってしまうと精神的にもよくないので、許容の範囲内で食べています。

それからお肌や体のために野菜中心の食事をするようにしています。
野菜をあまり食べれなかった日には、青汁を飲んで補っています。
今どきの青汁は臭みもなくスッと飲むことができます。

毎日のように体も動かしています。
毎日家でヨガをする時間を作っています。
ヨガはアシュタンガヨガやパワーヨガといったたっぷり汗のかけるヨガをするようにしています。

体重を落としたり鬱憤がたまった時などに行うと、爽やかな気分になれます。
心がリラックスできるので、慌てずに物事を判断できるようになったり、普段通りのそのままを理解できるようになってきました。
日常生活を見直すだけで更に美しさを極めることができます。

投稿日:
カテゴリー: 美容

日々の努力というのは馬鹿にできない

美容で行いたい事がたくさんあるのですが、私自身は主に毎日の生活習慣を気遣っています。
「美容のために、眠ることと体を動かす事が大事」ということは分かっているのですけど、日々の生活が忙しいのにそこまでやっていられない!と決め込んでしまっています。

でも、ガンバッたら出来る事だってたくさんあります。

一つのケースを挙げると、きっちりしたお化粧にあてる暇があるのであれば、その分長く寝る。
ファッションサイトを見ている暇に、近所を歩く。
夜遅い時間には濃い味の物が食べたくなるので、帰り道で体にいい物を食べて夜ごはんにするなど。

ひとつひとつはちょっとした努力だし、「そんな事くらいで効果が出るの?」なんて思いますが、日々の努力というのは馬鹿に出来ません。

私自身も最初は半信半疑でライフスタイルを変えてみたのですが、すこしでも長く寝た場合肌の状態がツルツルになりナチュラルメイクができるし、少し運動すると体力もついて肌年齢も下がる、といった感じで好循環になりかなりお肌もからだも健康的になりました!
地味でも、地道に続けていくことが大切なのです。

何歳になってもきれいな手でいられるようにスキンケアクリームを寝るときに塗り込んでいます。
夜眠る前にスキンケアクリームをつけるだけで手肌のツヤがキープできているような気がします。

薬用ハンドクリームはこの頃種類がいっぱいあって色々な匂いのものが選べます。
お花の香り、果物の香り、香の匂い・・・。
私は線香の香りが好みで中でも白檀のにおいが大好きです。

サンダルウッドの香りの薬用ハンドクリームは限られますが、いろんな香りが混ざっている中に白檀の香りが入っていても好きです。
寝るときにスキンケアクリームをつけると肌の温度で温められて良い香りが漂います。
サンダルウッドの香りをかぐと自然と眠ることができます。

眠っている時ならハンドクリームの持ちが良いです。
夜眠るまでは家事や手洗いをするのでクリームを塗っても何の役にも立ちません。
寝る間際にハンドクリームを塗り木綿の手ぶくろをして寝ると手肌に潤いがあって…ずっと触っていたくなるほどです。

手は他人から見られやすい場所。
キレイにしていたほうが好印象です。

かなり湿度が低い寒い時季になってきたら、肌の潤いを保つことの重要さをしみじみと感じています。
勿論、年令も関係していると思いますが乾燥する季節には顔の細かい皺もよくわかるようになってしまうし、お顔に粉が吹いていることもままあることなのです。

30才を過ぎれば当然のこととは思っても、少しは何とかしたいので、外出する際はあたしは紫外線対策マスクを着けるようにしています日ざしも、肌の水分を奪うモトですから。
カサカサになって笑いジワが気になるようになると普通に楽しい時にも笑うことすら気が引けてしまいます。

乾燥を防ぎ保湿する為にも、自分はメイクは濃くしないようにして強くこすらない一度だけの洗顔で落とせる程度に留めています。
二回洗顔するのは、肌を守る働きをする必要な脂分すら取り除いてしまうからもってのほかです。

ゴシゴシしないでそっと化粧を取り除いて、あとは小さい子でも大丈夫な刺激の少ない化粧水を何回も手の平に付けて顔を包んで染み込ませます。
そしたら、顔の血行もよくなってくるし潤いもしっかり保たれるみたいで、翌朝も肌がしっとりしています!そのように念入りにやさしく、更にきちんとお肌を守ってちょっとでも今後増えると思われる皺やしみを抑えたいですね。

投稿日:
カテゴリー: 美容

女子力をあげようと思った時に始めたのが顔のパック

矢張り、魅力的な女の人の特徴は、「美肌」だと考えられます。

自分は社会人になって人生で初めての恋人ができました。

そして、更に女子力をあげようと思った時に、美肌作りを一層本腰を入れたものにしようと考えました。

そう考えて実行し出したのが、顔のパックだったのです。

それまで保湿パックは行ったりしていなかったので、どのような仕上がりになるのかもわかりませんでした。

でもこうしてやってみると本当に驚きました。

もちもちとしていて、見た目も弾力のある素肌に大変身!更には、メイクもフィットするようになりましたよ。

ですから顔パックでのケアを習慣にしています。

それから、日常的なフェイスウォッシュやそのアフターケアのローションやクリームも必ずやっています。

肌状態の良好さを、彼氏だけじゃなく、家の人や女友だちなども分かってくれました。

前からフェイスウォッシュは行っていましたが、美容パックを足すだけでこんなにも変化するものかと感激しました。

美肌作りには、美容パックが欠かせません。

毎日の顔洗いをしっかり行い、定期的なパックをすることで、ツヤツヤ肌を守り続けたいです。

 

女の子にとって慢性的な冷えは大敵です。

「冷え」を感じると快眠できなかったり、食欲不振におちいったり、顔色がよくなくなったりします。

カラダの調子が優れない原因が、カラダの冷えが引き起こしているものだと感づかない時もあります。

血行不良(冷え)は自覚不足だと解消出来ません。

あたしの対処法として家で飲むものは「とにかく加温してから」と決定しました。

夏などはお出掛けした際にあったかい飲料も殆ど売っていませんし、あちこち捜索するのも手間なのでウチの中だけはホットでとゆるいルールにしています。

基本的には水を沸騰させて置いておくといいです。

魔法瓶が無くてもヤカンで沸騰させておけば、すぐに冷えたりはしません。

ホットドリンクといっても、お白湯を愛飲しているんで、電子レンジですとものの何十秒で完成します。

だいたい45度くらいです。

真夏には、コールドドリンクが欲しくなったりしましたが、おなかがゆるくなったり、手先足先がヒンヤリするっていう事もゼロになって、素肌の具合も悪くないので継続している次第です。

そんな風に4~5ヵ月も過ごすと、ホットが当たり前という気持ちになってきました。

好物だった炭酸ジュースやつめたいコーヒーをやめたため冷えの症状が改善されたんだと思います。

是非、みなさんも!

 

いつも、美容と健康の面では気を使っているので結構運動している方だと思います。

そんな訳で、少しくらいたくさん食べても体質的には太りにくくなりました。

だけど年齢が上がるとどうしても基礎代謝は落ちますので、食べ過ぎるとカロリーは消費されない。

ちょっとずつ貯まっていって見る見るうちにデブります。

なので、普段から一度の食事量は程々にするという食習慣にしています。

一度に大量に食べた場合、その後動きが少なかったらカロリーを摂り過ぎたことになります。

少量の食事なら摂り過ぎる事は無いですし、そのあと運動をして空腹感があれば少しだけ何かをお腹に入れれば良いですよね。

その他にも少食の利点があるのです。

一気に沢山の量を食べないようにすることで、胃や腸にかかる負担が少なくなります。

胃がもたれる事もありませんし、お腹を下すこともありません。

内臓をしっかり休めることができると、お肌もツルツルになってきます。

砂糖水だけ断食などの場合空腹がきついと感じるかも知れないのですが、少食にする位だったらさほど空腹感は感じないと思うし手軽に出来るんじゃないかなあ。

投稿日:
カテゴリー: 美容

体が疲れている時でも洗顔後のお手入れまでは済ませる

毎日のように続けていることは洗顔するのを忘れないようにすることと、体が疲れている時でも洗顔後のお手入れまでは済ませてから眠ります。

顔を強く擦ってしまうと肌に大きなストレスがかかるので優しく洗うことと、冷水や熱い湯での洗顔はしないぬるま湯で洗顔をすることです。

朝と寝る前はストレッチをします。

身体の血行をよくし、首筋から肩をマッサージして血液の流れを良くして寝ます。

自律神経の交感神経と副交感神経の働きを正常化するとよく眠れるからです。

このとき浮腫みも取って、体の全てのホルモンバランスが崩れないようにするためです。

食生活は、夜の炭水化物(ご飯)は少しにしておかずをたくさん食べます。

朝は、決まってタンパク質をとり、サラダは生キャベツをしっかり噛んで食べます。

まず最初に野菜を食べて次にたんぱく質、そして炭水化物の順に食べています。

飲み物も牛乳ではなく豆乳飲料を飲んでいます。

時々チーズやヨーグルトを食べるようにして乳酸菌も取るように心掛けています。

 

潤った肌にするためには、十分に保湿をする事がポイントになります。

キチンと保湿対策を講じているつもりでも、お手入れ方法が違っていたら無意味ですよね。

正確なお手入れ法を知る事で、お肌に保湿力が回復し、モチモチ肌になります。

保湿ケアのアイテムと言えば、美容化粧水ですね。

たいていは化粧水の容器の裏に「五百円玉ほど」という表現で結構な使用量の目安が記載されていることがあります。

そんな時、記載されている使用量よりも少ない量しかつけないこともありますよね。

しかし実はそれは一回分の総量なんですよ。

最初に満遍なく顔に塗布したあと、カサつきを抑えたい場所に再度使用します。

そのように、カサカサしているところに塗り重ねていくうちに、結果的に書かれていた使用量以上の量を使用していることになります。

そんな訳で一度に使う量と決めず、幾度か塗っていき500円玉くらいの分量をつけることが正しいのです。

容器の裏側に使用量の記載があれば、その量を塗布する事で、そのローションの機能性が高まるというわけです。

という事で、必ず利用方法を見て目安として出ている分量を使うことが重要です。

 

美しい容姿作りの為に注意を払っている事は、やっぱりお野菜&快眠ですよね。

やっぱり野菜中心の食事と十分な睡眠は、美肌作りには不可欠だと思います。

あたしの考えでは、「美しい容姿作り」は「美肌作り」からみたいなところがありますので、やっぱり皮ふを良好に維持する事は美しい容姿作りの為には欠かせないというわけです。

また、美しい肌になる為には、いかに値の張る化粧水や乳液でお手入れしてもたいして意味がないことなのですよね。

お野菜&快眠が欠落しているのなら。

どんなにすごいクリームなどでケアしようとも、不十分な野菜の摂り方ですとお肌はすぐにブツブツとなってしまいますから。

ちょっと1日ぐらい揚げ物を過食してしまい、また野菜不足になっただけで、翌朝には大人ニキビがお目見えしていることも。

更には睡眠時間が不十分だと、乾燥肌になっている事もしょっちゅうです。

とくに睡眠不足になりますと、お肌の内面から潤いが失われていく気がします。

という訳で、やっぱり「美容」においては「野菜」と「睡眠」が大切なことだと実感してるのです。

投稿日:
カテゴリー: 美容

家にいる時でもUVカットのクリームを塗るように

美容に関して普段から気を付けいている事は日焼け対策と保湿です。

紫外線対策として普段から、外出時には日傘や帽子、サングラスを使用しています。

1年を通して、家にいる時でも、UVカットのクリームを塗っています。

さらに美容液は、しみやそばかすを防いでくれる美白成分の入っているものを使用しています。

夏はテカリやすくなるので、スキンケアでは油分の少ないものを使用していますが、空気が乾燥する時には保湿して潤いを与えるようにしています。

アンチエイジングや潤い効果の高い良質なオイルが入っている美容クリーム、セラミドを配合した美容液などでケアしています。

スキンケアと一緒に化粧品も、肌が影響を受けてしまいそうな石油由来成分を含まないものを使っています。

カルボマーなど、化学成分が入っていないメイクであれば、石油由来に比べて刺激の少ない植物由来の洗顔クリームでメイクオフできるので、うるおい感を残すことができ、十分保湿出来ます。

 

ずっと綺麗でいたいから不要な物は摂りません。

そしてキレイでいたいから早寝早起きをしています。

私自身が美容に関して気遣っている事はその程度です。

そのほかに何かをしても多分長続きしない。

いろんなことに手を出すと何もできなくなってしまうタイプなんです。

不必要なものを食べないように外食は最低限。

無意味に外食したりそういう機会は作りません。

バイキング形式のお店には行きません。

学生時代には友達や家族と半分コミニケーションのつもりで、残りの半分は食い気に走ってビュッフェスタイルのお店で食事をしていましたがやめるようにしました。

バイキング店で食べている最中も家に帰ってきてからも何か腑に落ちない感じがするのです。

払った分を取り返す為についつい必要以上に食べるのですが後悔の元だったのです。

いっぱい栄養を摂取できたと言うよりも「これは美容の為によくないのでは?」と思う気持ちが勝り後悔します。

年齢のことも考えレストランなど外食は避けるようにしています。

 

自分が「美容」に関して注意していること、それはお水を補給すること。

成人女性は一日の間に約2000Lの「水」を摂り込むと美容面に効くと聞いたので、それ以来なるべく日々約2000Lのミネラル水を飲むようにしています。

私は今31才、お肌の曲がり角といわれる25才をとっくに過ぎ、30才で出産を経験してからいきなり若々しさが失われたように思えます。

ストレスなども一因なんでしょうが、エステサロンに行ったり高級な化粧水を使用するのは無理です。

できるだけ簡単にそしてお金が掛からない美容術を探し求めてたどり着いたのが水分補給でした。

前までは「まだ20代」なんて思ってメイクにばかり力を入れ、それほどお肌そのものの美容について気に掛けたことはありませんでした。

ですがもうこんな年なので、今後はベースとなる「肌」を大事にしていきたいです。

それには先ず体の内側からメンテナンスしていくことが重要ですよね。

栄養バランスのとれた食事内容や全身の運動、快眠や笑顔を過ごすなど・・・、どう頑張っても子どもが小さいわたしにとってはなかなか実行できない課題ですが、約2000Lのお水を補給することなら育児をしていてもできます。

とりあえずはそこから、美肌ケアをしていくつもりです。

投稿日:
カテゴリー: 美容

肌年齢を維持できるようにまめにスキンケア

年齢があがるにつれて素肌もちょっとずつ老けこんでしまいます。
ですがちょっとでもそれをゆっくりにしたいと思い悩んでいます。
肌年齢を維持できるようにまめにスキンケアをするのも常にやるとなると持続できるか分からないので、的をしぼってやっています。

それは、「布団に入る前には必ず化粧をとる」という事です。
睡眠中にお肌のターンオーバーが行われるので、この時にはキレイな肌を保っておくこと。
それに限っては肝に銘じてやっています。

その他は、化粧水を念入りにやらなかっただとか、「日やけ」してしまったのにしっかりとしたお手入れをしなかったとか、こういったものはできたらでいいかなぁって感じにしています。

何かとケアすべきことが多くなっても、日々出来るわけじゃないけど、メイクを落とすだけなら、そんなに手間暇かからないことなのです。
なのでそこそこ忘れずに守れていますし、キチンとお化粧をとって就寝すると翌日の素肌の状態はとてもいいんです。

あれこれと決め事を作ってしまうより、このやり方はとてもたやすく調子のいい肌状態が続いているので、この先も続行しようと決めています。
いつも健康とか美容のことを心がけて暮らしているのが女性だと思います。

わたしの場合は特別エステに行くとか、高額な化粧品を使用するとか、サプリメントを利用するとか、そんなお金を使うような事はしていないのですが、食べ物には何気に気配りしているのです。

なんでかと言うと食べものは人の細胞一個一個を作っているからで、人間のからだを構築する基本だからです。
今までの暮らしの中で、異様に酢の物とかすっぱいものが欲しくなるなとか変に納豆が食べたくなるよななんて感じた事ってありませんか?

そういった時、私の場合は「体が求めているんだな(不足気味なのかな)」と考えて食べるようにしているのです。
特に配慮している事というのは、保存料・着色料などの添加物、それに産地です。
日々食べるものですので量はすこしだとしてもたくさん摂る事になるって考えたら、事前に防げるものは防ごうと、買い物の際原材料はチェックしています。

あと産地なども確認・納得しながら、野菜やくだもの・肉や魚・お塩やお醤油などの調味料などそこまで気を使うという事ではありませんが結構お気に入りのものを買っています。

栄養のバランスを考え、けれども食べたいものは我慢せず食べています。
精神面でもストレスにもならないです。

食事って自分たちを明るくしてくれます。
美容においては添加物を減らした良質な食事が大切です。

美容で注意しているのは日焼け予防です。
「しみ」「しわ」「たるみ」「くすみ」などなどスキントラブルの原因の八割は、UV攻撃による「光老化」なんだそうです。
太陽光は季節を問わず放散されているので、毎日紫外線対策をしています。

夏の時期に日焼け止めクリームを使用する女の人はたくさんいますが、寒い季節に日焼け止めクリームを使う女性はあまりいる印象がありません。
ですが、私の場合は冬でも日やけ防止剤を利用しています。
晴れていなくても紫外線が届いているので、悪天候であっても日焼け止めを使います。

塗る量にも気を配っています。
一回分の使う量は500円玉くらいの量です。
その位大量に塗らないと紫外線防止の力がキチンと働いてくれません。

分量が結構あるのでちょっと難しいのですが、何度か重ねづけをして白くならないように施しています。
1度塗布したらそれで安心できるわけではなく汗や摩擦で落ちやすいものなので、こまめな塗り直しが必要です。
朝塗ったら昼、夕方とつけ直すように心掛けています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

日焼け止めクリームは年中つけている

私自身が美容について力を入れている事は、第一に肌荒れをしないこと!になります。
にきびが出来たら綺麗になるまで外に出たくありません。
ありがたい事に、わたくしの母も祖母もお肌はキレイなのでその遺伝のお陰か私も美しい肌なのでそれほど肌が傷むようなことはないです。

強いて言えば、気をつけることは日焼け止めクリームを年中つけています。
周囲の人達も日焼止めのローションをいつもつけるようにしているのだろうなんて考えていたら意外と塗っている人が少なくて、すごいことに夏でも塗らないという人がいた事にえっ?って感じでした。

夏は焼く!黒くてなんぼ!!!なんて意気揚々と話していたのです。

分かっている方もいらっしゃるでしょうが、肌の老化は加齢によるものが30%、紫外線が70%みたいです。
最初に聞いた時はすごく驚いたのです。

それを聞いてから美肌命の私は春夏秋冬家に居る時も出掛けるときにも日焼止めアイテムを塗るように気を付けています。

そのおかげなんだと思いますが、百貨店で化粧品のカウンセリングを受けた時にカウンセラーの方に、綺麗なお肌ですね!なんて褒められるのです。
得意げに「褒められるほどではぁ~」なんて言っています。

わたくしは長期間クレンジングオイルを使ってメイクを落としていましたが、あることが元でオイルタイプの物を止めることにしました。
それは、わたくしの乾燥肌のせいです。

乾燥肌が凄いので、エステサロンに行く事にしたのですが、お店で担当の方からオイルタイプの物はやめるようにアドバイスされました。
クレンジングオイルには、身体には重要な油分まで洗い流してしまうそうです。

そのため、お肌が乾燥しメイクノリが悪くなってしまうそうです。
エステティックサロンで買える高額な物じゃなく、近くのお店で購入できる安価なクレンジングジェルでも問題ないと教えていただいたので、それに変えてみたのです。

そしたら、化粧水の浸透の仕方、お化粧のノリが、これまでと全然違うのです。
もっと化粧水を浸透させるために、電子レンジであたためています。
これに関してもスーパーで買うことが出来る安価な化粧水で、2~3回重ねて塗ります。

安いタイプのものなので、ケチらずに使う事ができるので肌の乾燥も治ってきて良い感じになってきました。

ドレスが素敵で社交ダンスを始めたのですが、今は私自身の美容術になりました。
最近は番組で目にすることも増えたと思います。

以前には草刈さん主演映画「Shall we dance?」などもあったと思います。
見た感じは優雅なダンスだけど、意外と運動量もあるので、しっかりと食事をしても太らないのが長所です。

真面目に踊ると次第に発汗します。
食事をしっかりとり、十分に運動する。
あたり前ですが、これにつきます。

新陳代謝が上がったからなのか、糖分をとっても太らなくなったのは嬉しいですね。
以前は恐ろしくて食べることができなかった甘い洋菓子なども気にせず頂くようになりました。
ダンスレッスンで男の先生とペアでダンスができるのも良いところです。

一人でやる筋トレなどと違い、継続しやすいのも良いと思います。
周りの目を気にするので、スタイルが維持できるのかもしれません。

60歳を過ぎた方で社交ダンスを習っている女性の方は凄く素敵な容姿で、わたくしの理想です。
十歳は若く見られるらしいです。
わたし自身もガンバって楽しんで続けていきたいです。

投稿日:
カテゴリー: 美容